スポンサーリンク

耳のトラブルの原因は?~加齢性難聴

スポンサーリンク
健康

「えっ、今なんて言った?」年齢を重ねるにつれて、相手の話す声がよく聞こえなかったり、言葉を聞き間違えたりすることはありませんか? 今回は、そんな耳のトラブル(加齢性難聴)の原因を探るとともに、耳の健康のために心がけたいことをご紹介します。

耳は伝音系と感音系に分かれる

耳は外耳中耳内耳の3つに大きく分かれています、外耳と中耳は音の振動を伝える「伝音系」と呼ばれる器官で構成されています。外耳から中耳へと伝えられた音の振動は、内耳で「感音系」の器官で構成される内耳の部分で電気信号に変換され、脳へと送られることで、音を認識します。

60才後半から急増する加齢性難聴

年齢とともに音が聞き取りにくくなったりするのは、なぜでしょう?  蝸牛(かぎゅう)にある有毛細胞は加齢などが原因で次第に壊れていってしまうのですにある有毛細胞は加齢などが原因で次第に壊れていってしまうのです。これが「加齢性難聴」と呼ばれるもので、50代から次第に増え始め、60代の後半になると急増します。

もう一つは年齢に関係なく、ある日突然に起きるのが「突発性難聴」と呼ばれるものです。

「耳鳴り」が症状のサイン

耳鳴り」は多くの人が経験しているでしょう。実は、耳鳴りが発生するメカニズムはまだよく分かっていませんが、耳から音が十分に伝わらないときに、脳が音に対する感度を上げようとすることが原因と考えられています。

加齢性難聴(老人性難聴)が進むにつれて耳鳴りが起こりやすくなったり、突発性難聴の前兆として耳鳴りが起こる場合もありえます。耳鳴りが何度も起きたりするときは注意が必要です。

耳のトラブルを悪化させないために

睡眠不足は疲労の回復を妨げるだけでなく、自律神経の乱れにもつながり、難聴や耳鳴りなどの症状を誘発しかねませんので注意して、ウォーキングやエクササイズなどの適度な運動習慣はストレス解消にもなり、良い生活リズムを保つうえでも有効です。ストレスをためない、健康的で前向きな生活を心がけて、耳のトラブルの予防や症状の改善を目指しましょう。

加齢性難聴の治療方法?

残念ながら、一度失われてしまった内耳の感覚細胞(有毛細胞)を再び元に戻す方法はないのが現状です。しかし、補聴器を使うことで、生活に必要な音を聞き取れるようにすることは可能です。静かなことに慣れてしまった脳が補聴器の音に慣れるのは大変ですが、近年、「聴覚リハビリ」が注目を集めています。医師の指導のもと、3カ月補聴器を使い続けることで難聴になってしまった脳をトレーニングし、最終的に脳が音に慣れることで、うるさくなく聞き取れるようになるという治療法です

補聴器は集音器タイプから補聴器規格クリアしたタイプと、価格も片耳1万円から何十万円ときりがありません。先ずは低価格か試聴期間のあるものから使ってみてから自分に合ったもの決める事をおすすめします!

スポンサーリンク
健康健康の豆知識
スポンサーリンク
シニアハッピーサイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク